あなたはiphone派 android派 スマートフォン事情

総務省インターネット普及状況(総務省政策白書28年版ページ)では

携帯電話・PHSの普及率

95.8%

その内数

スマートフォンの普及率は

72.0%

と多くを占めています。

そんなスマートフォンですが、最近ではiphoneXが発売されて、数日前から並んで手に入れるなど、Apple iphone熱が冷めることがなく、盛り上がっています。

iphoneとandroidのシェア

これだけ普及しているスマートフォン

私の高校生の子供は、

「まわりでandroid持っている人はいないよ」

と言って、もともと持っていたandroidのスマートフォンをiphoneへ機種変更しました。

実際どうなのでしょうか?

もともと、iphoneは機種名ですので、その動作しているOS、iOSとandroidのシェアを調べてみました。

まずは世界でのシェアですが、

2017年で

iOS       19.6%

android 72.0%

その他  9.5%

です。

おや、androidが7割を占めます。

では、日本ではどうでしょうか

iOS       68.6%

android 30.4%

その他  1.0%

全く正反対で、iOSが7割を占めます。

どうやら、日本はiOSのシェアが非常に高いです。

私の子供の言うことも一理あるようです。

ちなみに、私はandroidです。

たしかに、職場では、全てがiphoneとは言えませんが、6~7割はiphoneです。

高校生などの若い人はさらにiphone比率が高いのかもしれません。

iphoneとandroidの違いと優位性

前述したとおり、iphoneはスマートフォンの機種名で、Apple社のスマートフォン機器本体にiOSが搭載された製品です。

かたやandroidはGoogle社が開発したOSで、スマートフォン機器本体は全世界のメーカーが開発・製造しています。その機種の性能は千差万別で、価格差も著しいです。

ですので、iphoneのハードは同一社が製造して一貫性がありますが、androidスマートフォンは価格レンジ、機能・性能が選んだメーカー機種によって違います。

スマートフォン機器本体に関しては、iphoneはシリーズラインナップ(6,6S,7,7s,8等)とメモリ容量の選択しかできませんが、androidスマートフォンは価格、性能から様々な機種が選択可能です。

iphoneはカメラ画像が美しいという方もいらっしゃいますが、androidスマートフォンでもそれなりの高スペック機種であれば、性能的に遜色ないものもあります。

機器本体の機能、性能、価格という面では、iphoneはApple社製品だけですが、androidは様々なメーカーから選択できる。

これが良いのか、悪いのか

それは人それぞれの価値観だと思います

ipple社というブランドの機器を持ちたければiphoneですし、価格を安く抑えたい方はandroid搭載の別メーカーの機器を選べばよい事です。

故障時の対応としては、ドコモなどのキャリア独自の保険や、iphone専用保険など、特に双方遜色はないでしょう。

またiphoneにつきものの、画面のガラス割れ

扱いに気をつかいたくない方はandroidスマートフォンを選んだ方が良いかと思います。

またOS自体の性能ですが、iOSはAppストア、androidはGoogle Playストアからアプリをダウンロードでき、OSのアップデートの頻度も違いますが、決定的に優劣をつけるようなことはできないと思います。

強いてあげるとすれば、Appストアはアプリの審査、チェックが厳しく、Google Playストアよりは信頼性が高いのではと考えます。

言ってしまうと、その人の価値観、使い方、経済状況等、さまざまな要素によって、選択は違ってきます。

優劣をつけることはできません。

私は、androidスマートフォンで、性能もそれほどいいものを使っているわけではありません。

だからといって、特に使用していて不都合は全くありません。

本体以外のメモリもmicroSDを挿入しています。(iphoneでも、icloudを使用すれば本体メモリ以外に格納井できます)

iphoneに変更する、理由も特にありません。

皆様はいかがでしょうか?