これだけはおさえておきたいビジネスニュースサイト

現在、私たちはPCはもとより、タブレット、スマホでサイトより情報を得ています。

ビジネスマンでもある、サラリーマンの我々は、業務上直結する話題はもちろん、政治、経済、国際情勢、また雑談のネタに芸能やスポーツといったあらゆるジャンルのニュース、コラム記事をみています。

さまざまなサイトがあるなかから、ビジネスマンには外せないサイトがあります。

そんな、これだけは押さえておきたいサイトをご紹介します

ビジネス系のサイトの原型は雑誌

昨今のインターネットの発達以前はビジネス情報を取得するための媒体は新聞、雑誌でした。

今や新聞、雑誌もネットでみる時代。

紙媒体からネット配信へ移り変わった状態です。

興味深い資料をみつけました。

日本雑誌広告協会がまとめた雑誌のジャンルです。

(リンクはこちら→一般社団法人日本雑誌広告協会 

このなかで、ビジネス雑誌の分類(雑誌ジャンルおよびカテゴリ ビジネス)がありました

イメージでは、もっとビジネス誌は多いと思っていましたが、意外に少ない印象です

週刊誌とビジネス誌の境目はどこかという議論もあるかもしれませんが、それほどビジネス誌は多くないというのが現状かもしれません。

ブックマークしておくべきサイト

東洋経済 ONLINE

東洋経済は誰もが一度は目にしたことがあるであろう「四季報」を発行している東洋経済新報社が発行している、「週間東洋経済」のネット版です。

ジャンルは、ビジネス、政治・経済、マーケット、キャリア・教養、ライフといった単なるニュースだけではなく、教養が得られる内容というところがビジネス向けといったところでしょう。

PRESIDENT Online

こちらは、株式会社プレジデント社が発行する「PRESIDENT」のサイト版です。

ジャンルは、マネー、キャリア、スキル、企業経営、政治・社会、ライフといったビジネスマン向けの情報が満載です。

また連載も充実しており、個人、会社人としての知識・教養が存分に得られる内容です。

DAIAMONDO online

こちらは、株式会社ダイヤモンド社が発行する「週間ダイヤモンド」のサイト版です。

ジャンルは、政治・経済、国際、経営・戦略、社会、キャリア・スキル、ライフと充実しております。

記事内容の幅もパーソナルから国際政治まで幅広く情報提供がされています。

日経ビジネス

言わずと知れた、日本経済新聞社、通称日経の「日経ビジネス」のサイト版です。

有料記事もあり、十分な情報を発信する記事構成となっており、さすが日経のビジネスに特化した書籍のサイトといえます。

Forbes Japan

世界の経済誌であるForbesの日本版のサイトです。

世界長者番付でもおなじみです。

ビジネス全般から、テクノロジ、エンタメ・スポーツまで幅広い記事構成で、グローバルな経済誌ならではの視点や話題もあり、充実のラインナップです。

Business Journal

大手出版社の雑誌からのサイトではありませんが、身近な視点の記事や独自の考えでの取材記事など大手には無い内容を提供されています。

運営会社は株式会社サイゾー(CYZO Inc.)で個性的な書籍、サイトがあり、大手出版社系のビジネス情報系サイトとは一味違った内容が提供されています。

いかがでしたでしょうか

皆様のサラリーマンライフ、ビジネスライフ、プライベートを充実させる厳選したサイトのご紹介でした。