苦しくない 初めての胃カメラ(内視鏡)体験記

年末の人間ドックの胃レントゲンでポリープ有りの検査結果(詳しくは当ブログ記事バリウム検査で胃ポリープの診断 胃内視鏡を勧められたをご参照ください)が出て、胃カメラ(内視鏡)でのさらなる検査を勧められました。

初めて受けた胃のバリウム検査でポリープ、さらにこれまた今まで受けたことのない胃カメラ(内視鏡)での再検査推奨となりました。

これをうけて、初めての胃カメラ(内視鏡)をうけてまいりましたので、その体験をご紹介します。

※こちらは私自身の体験記であり、感想であり、全ての皆様にあてはまることではないことをここでお断りさせて頂きます。

胃カメラ(内視鏡)はつらい、苦しい?

もう二度とあんな思いはしたくない。

苦しくて、つらくて、とてもじゃないが耐えられない。

経験者の方からたまにこんな感想を聞くことがあります。

実際、私の身のまわりで聞いた時にも、

「口からと鼻から両方したことがあるが、口は耐えられない、まだ鼻からの方がましだった」

「カメラを入れる時に、苦しくて、オェオェとして、身悶えた。もう二度としたくない」

とおっしゃる方がいました。

おそらく、これを読んでらっしゃる方も、「胃カメラ=苦しい、つらい」と思っている方が多いのではないでしょうか。

もちろん、私もそうでした。

内視鏡検査の病院選び

胃カメラ(内視鏡)検査は苦しい、つらい。

それは嘘ではありません。

ただし、それは検査方法による違いで雲泥の差があるようです。

私は次のキーワードで、胃カメラ(内視鏡)をうける病院を選びました。

そのキーワードは

鎮静剤を使用した苦しくない内視鏡検査

です。

また、現在、胃カメラ(内視鏡)は、口からカメラを入れる”経口”と、最近では鼻からカメラを入れる”経鼻”の2種類あるようです。

経鼻は嗚咽せず比較的に楽だと聞くことが多いのですが、私自身、鼻から入れるのはきついなと思っていました。

なぜなら耳鼻科で、薬を塗った綿棒を挿入されたのがツライ思い出があったので苦手でした。

そのため、経口で、さらに鎮静剤を使用してくれる病院での検査を申込みました。

参考ですが、私が予約を申し込んだのは、松島クリニックさんでした。

この記事(痛くない大腸内視鏡検査)で、大腸内視鏡検査が痛くないとのことで、きっと胃カメラ(内視鏡)も同じようにきっと上手だろうと思ったのが決め手でした。

胃カメラ(内視鏡)検査の予約

検査をするために、まず通院して問診をうけました。

人間ドックの胃バリウム検査でポリープがあるので胃カメラ(内視鏡)検査が推奨されるとのことをお話ししました。

鎮静剤を使用して、眠っているような状態で楽にできる口からか、鼻からかの要望を聞かれましたが、「口からでお願いします」と即答しました。

問診が終わった後は、検査日の予約です。

混みあっているようで、予約がとれたのが4週間後でした。

そして、問診を受けた後は、検査のための採血をしました。

当日はこれで終了です。

心の準備の時間もとれたし、まあかえって良かったなと思いながら帰宅しました。

胃カメラ(内視鏡)検査の実施

いよいよ、検査当日の朝を迎えました。

検査の注意書き通り、前日の21時以降は何も食べていません。

また0時まではお茶を少々、起床時に水を一杯飲んだだけです。

もう当日の朝は、ドキドキはしていましたが、逆に腹をくくった状態で落ち着いていました。

病院に着いたら、受付で予約の時に頂いた紙と、診察カードと保険証を出しました。

そして、まず靴をサンダルに履き替えて、荷物とコートをロッカーに入れてから、待合室で待ちます。

テレビでは、NHKの朝の連続テレビ小説が放映されています。

ついに名前が呼ばれました

問診

まず、問診で本日の体調などを確認されました。

そして、胃のなかをきれいにする薬(多分、ガスコンドロップ)を飲みました。

スポーツドリンクを薄くしたような味と飲みごたえで、グイッと一気に飲み干しました。

また、この後、及びしますとのことで、一旦待合室に出ました

いよいよ検査

ついに名前を呼ばれて、検査室に向かいます。

そして、ストレッチャーに乗り、横向きになります。

ズボンのベルトを緩め、ボタンを外します。

次に、口の付近を中心に紙を敷かれます

処置室にストレッチャーに乗せられたまま運ばれます。

ドクターから挨拶されました。

左手をヒジから上までめくりました。

まず、のど(咽頭)に麻酔のくすり(多分、キシロカイン)をスプレーして頂き、飲み込むように言われました。

ちょっと苦かったですが、特に問題ありません。

次に、左腕に注射されます。

しばらくしてから、もうあまり記憶がありません。

気がついた時には終わって、ストレッチャーの上で横になっていました。

苦しい、つらい

いえいえ全くそのようなことはありません。

それどころか、本当に胃カメラ(内視鏡)検査したのかと思うぐらい、全く何も感じていません。

ほとんど横になって眠っていたのがほとんどではないでしょうか

そうなんです、検査自体している時は眠っていたので、全く分かりません。

拍子抜けとはこのことです

呼ばれて検査室に入ってから時間にして、およそ1時間弱でした、看護士さんに促されてゆっくり立ち上がって待合室に戻ります。

首には、検査が済んだことを示す赤いひものストラップをかけていました。

検査結果

そして、次に検査結果の面談です。

結論としては、ポリープは胃底腺ポリープで特に問題無し、ピロリ菌も無しとの結果でした。

初めて胃カメラ(内視鏡)を受けて

まず、全く恐れるに足らずでした

やはり鎮静剤を使用して、眠っている状態での検査で、つらくも、痛くもありません。

これでしたら、胃バリウム検査より良いかもしれません。

鎮静剤の効き具合も個人差があるかと思いますが、私は眠ったままで、全く検査していた時のことは分かりません。

鼻からを選択しないで良かったとつくづく思いました。(鼻からを体験していないので分かりませんが)

それでも、今後胃カメラ(内視鏡)を受ける時は、鼻からを選択することはないでしょう

鎮静剤で口から

全く苦痛は無しです